ランキング

最近、顔の肌が荒れてカサついて…なんだか小じわが増えてきたみたい!これって、乾燥肌ですよね!…それで、スキンケアでなんとかしたいんだけど、どんな化粧品・化粧水がおすすめですか?

今、このような肌の乾燥のスキンケアでお悩みの方が増えています。そこで、乾燥肌の改善に効果が実感でき、しかも、安全で安心して使用できるオススメの化粧品・化粧水を調べてみました!

乾燥肌…いやですね。特に、空気が乾燥する秋から冬なんか、ひどくなったりして…。

洗顔したあと、肌がつっぱったり、肌がカサカサする、白く粉をふいたりします。

そして、ニキビやひび割れができ、しわ、しみ、そばかすなどが現れ、肌荒れがおこります。

さらに肌の乾燥が進むとかゆみが出てきたり、肌に発疹や炎症が起こって湿疹に…。

これらはみんな、乾燥肌の症状ですが、乾燥肌とはどんな症状なのか詳しく見てみると…


乾燥肌の症状は、肌の水分や皮脂が不足し、潤いを感じられない状態のことです。

代表的な症状には、肌のカサカサやツッパリ感、肌荒れ、小じわなどの肌トラブルにつながっていきます。

乾燥肌の症状が出やすい部位としては、すねや膝、ひじ、足の裏などのもともと皮脂の分泌が少ないところです。

顔の中では、目や口の周り、頬あたりが乾燥しやすい部位です。


…となります。

乾燥肌と肌のバリア機能

人間の肌は、表皮でおおわれており、表皮の一番外側にある角質層には、バリア機能という役目があります。

このバリア機能が正常に働いている状態であれば、外的刺激から肌を守り、肌内部の水分や脂質が逃げるのを防いでくれるため、肌に潤いがある状態を保てます。

しかし、何らかの原因により角質細胞に含まれる天然保湿因子や細胞間脂質が減ることで、細胞をつなぎとめる力が弱くなりバリア機能が低下してしまいます。

その結果、水分が逃げてしまい乾燥を引き起こすことになります。


肌のバリア機能が低下する主な原因には、肌のターンオーバーが乱れることです。

健康な肌であれば、ターンオーバーにより常に新たな細胞に入れ替わっているため、バリア機能を保つことができます。

しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによりターンオーバーのサイクルに乱れが起こるとバリア機能が低下してしまい、天然保湿因子や細胞間脂質などが生成されにくくなるため、水分が外へと逃げやすくなります。

他にも、空気の乾燥や紫外線によるダメージ、間違ったスキンケア、ビタミンB群の不足、加齢による皮脂分泌量の減少などによっても乾燥肌を引き起こすことがあります。

肌はなぜうるおいを保つことができるのでしょうか?そのメカニズムは…?

肌の組織である角質層は、水分を保ってくれたり、紫外線やアレルゲンといったものから肌をガードする機能があります。

ですので、正しい肌のお手入れをして角質層が正しい働きをしてくれれば、乾燥にそれほど悩みを抱えることはないはずということになります。

角質層を健康に保つためには、肌が潤いを保つ要素を確認しておく必要があります。

皮脂膜は、汗腺から出てくる汗と、毛穴から出てきた皮脂が混ざり合い生成される天然の保湿成分です。

肌から水分が気化してしまったり、角質が剥がれ落ちたりするのを防止する役割があります。

皮脂膜は滑らかな肌の状態をキープするのにも役立っています。

NMF…天然保湿因子

NMFという天然保湿因子はアミノ酸や、ピロリドンカルボン酸、尿素、ミネラルなどで、できています。

角質層の奥にあるタンパク質が肌の表面の方に押し上げられるプロセスの中でNMFという天然保湿因子に変化していきます。NMFは水分を吸い込み角質層にその水分を保持し、肌の弾力と柔らかさをキープしてくれます。

NMFのバランスが乱れてしまうと、肌が乾燥し、角質層の奥にあるタンパク質が育たなくなってしまうので、肌の細胞が入れ替わるターンオーバーも上手く働かなくなってしまいます。

細胞間脂質…セラミドの役割

角質細胞が生きている間は細胞の中に内にセラミドが存在しますが、ターンオーバーの働きで肌の奥にある細胞が表面の方に押し上げられて角質層に達した段階で、核を失った細胞は死んでしまいます。

そのときに細胞の中のセラミドが角質層の中に放出されて、細胞と細胞の間に存在できるようになります。

セラミドなどの細胞間脂質は角質細胞と角質細胞の隙間に入り込み、肌にかかる刺激や、身体の中の水分が気化するを防いでくれます。

なぜ乾燥肌になるのでしょうか?乾燥肌をまねく原因は…?

乾燥肌を招く原因として考えられることにまず誤ったスキンケアです。

つまりスキンケアをしているつもりが、肌を乾燥させ肌にダメージを与えてしまっているケースです。

例えば、毛穴が汚れているのが気になって肌をゴシゴシと擦って洗っていませんか?

そのゴシゴシと力を入れる事で、肌の角質層を傷つけてしまい、それが乾燥肌の原因になってしまっているかもしれません。

そして、乾燥肌になると毛穴が開いてしまうので、毛穴がブツブツになり、気になるのでゴシゴシと洗ってしまう悪循環に陥ってしまいます。

また、汚れや皮脂が落ちていない気がして、何度もクレンジングで洗顔するのもNGです。

汚れや皮質だけでなく、肌の潤いまで落ちてしまっています。

同様の理由で、洗顔後に顔をふく時に強く擦るのもダメです。

乾燥肌にならないように、スキンケアの際には優しく力を入れずにケアするようにこころがけましょう。


このように、良くないスキンケアのやり方に間違った洗顔が挙げられますが、熱すぎるお湯を使ったり擦るような洗い方ですと乾燥を強くします。

基本はぬるま湯で洗うことであり、擦らずに優しく洗顔をするのがセオリーですので注意しなければいけません。


間違えたスキンケア…化粧水の場合

さらに、間違えたスキンケアの例として、化粧水をとりあげてみます。

どんな化粧水でも良いというわけではなく、ニキビ専用のタイプを使っていれば、製品によっては肌が乾燥しやすくなります。

アクネ菌に対して効果を発揮する肌荒れ改善タイプは、ニキビを改善するのが目的で、余計に乾燥肌を激しくするケースがあります。

間違えたスキンケアは、皮膚の保湿力を低下させていくため、ますます肌は乾燥が激しくなります。

化粧水は、保湿に特化したタイプを使って、お手入れをしていくことです。

ターンオーバーが乱れると、乾燥がすすみ肌が荒れてくる…内的な要因

また、乾燥肌の原因として、内的な要因…皮膚の内部の原因が挙げられます。

肌は、きちんとした新陳代謝(ターンオーバー)によって新しい細胞がつくられて入れ替わり、うるおいのあるきれいな肌を維持していきます。

しかし、いろいろな要因で、この肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れることによって、乾燥肌などのトラブルがおこります。

冬に乾燥肌が進むのは、気温の低下で空気中の水分が少なくなる上に、皮膚の毛細血管が縮むので血行が悪くなり、皮脂、セラミドや新しい細胞を作るための栄養が行き渡りにくくなって肌のバリア機能が低下するからです。

そして、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れ、肌の乾燥が進みます。


保湿をしっかりと行わないスキンケアにも要注意です。

20代ころから肌の水分量は減っていきますので保湿を心がけたスキンケアが求められます。

しかしながら分かりにくい乾燥肌の場合もありますので放置されてしまうこともあるのです。

ところが実は肌内部では乾燥が始まっていることがありますから、乾燥の症状がなくても予防をするという意味でもしっかりと保湿をしていく必要があります。

乾燥肌の要因…生活習慣の乱れ、ストレス

生活習慣の乱れも乾燥肌の原因です。

日ごろの生活が整っていてこそ肌の水分量は保たれるものですが、栄養バランスの悪い食事や睡眠不足だったりすると細胞も衰えやすくなってしまいます。

水分を保持するための細胞が弱くなると乾燥しやすい状態に陥ってしまいますので、生活をしっかりと整えていくことが大切です。


ストレスも乾燥肌を招く原因ですので気を付けなければいけません。

肌にとってストレスが良くない理由にまずホルモンバランスを乱してしまうからです。

女性ホルモンの種類のひとつにエストロゲンがありますが、このホルモンは肌の潤いをサポートする働きがあります。ところがストレスを受けると自律神経のバランスが崩れてホルモンの分泌にも影響してしまうのです。

また、単に肌の調子を左右するだけでなく、健康面にも影響する大事な要素ですので、健康的であるためにもストレス対策をしてホルモンバランスを乱さないように心がけなければいけません。


冷えもストレスの原因です。

特に現代人は体温調整機能が弱くなっていると言われていますので冷えやすい傾向があります。

血液の循環が悪くなれば当然美容面にも影響してきますし、乾燥も強くしてしまいます。

血行不良は美容にとっての大敵な存在でもありますから生活を整えて体温調整機能を回復させたり、運動やストレッチなどを取り入れて血液の流れを良くする工夫を心がけたほうが良いでしょう。


紫外線もストレスの原因ですので対策を講じることが大切です。

紫外線は乾燥肌を促進しますので外出する際にはUVケアをしなければいけません。

そして紫外線は年間を通して浴びていますので、夏場だけ対策をするのではなく年中UVケアを行っていく必要があります。


さらに、食事のバランスの乱れも原因となります。

偏食、無理なダイエットなどによって、皮膚に栄養素やビタミン、ミネラルなどが十分に摂取されないバランスを失った肌となり、乾燥の原因となります。

乾燥肌の改善のためのスキンケア

肌から分泌される皮脂や天然保湿成分であるNMF、細胞間脂質は、肌の状態を改善させる成分になります。

ところが、乾燥肌の人のほとんどは、肌の擦りすぎによって、肌の状態を改善させる成分を洗い落としてしまっています。

保湿クリームなどのスキンケアを検討する前に、まず擦りすぎを止めることの方が、乾燥肌を改善させるのに一番必要なスキンケアになります。


乾燥肌を保湿する考え方の一つに、肌が持っている自分を守る働きを回復させるまでの応急的な保湿をするというものがあります。

肌が健康な状態でも、お化粧を落とすときや洗顔、お風呂などによって、多少なりとも角質層にあるNMFや細胞間脂質が洗い落とされ、肌の潤いが失われてしまいます。

肌は眠っている間に、その日に失われたNMFや細胞間脂質を補います。

NMFや細胞間脂質を補っている間は、無防備に肌がなっている状態なので、応急的に保湿する必要があります。

間違った方法の洗顔や化粧落しを止めて、必要以上に肌からNMFや細胞間脂質を洗い落とさないようにすれば、ほとんどの人は朝目覚めたときに、充分な量のNMFや細胞間脂質が補われることになります。

ですので、応急的な保湿ケアは、肌がNMFや細胞間脂質を補う働きを阻まずに、無防備な肌を守ることができる方法を選ぶ必要があります。

アトピー性皮膚炎や年齢を重ねたことなどが原因で、NMFや細胞間脂質を生成する働きが衰えてたり、乾燥肌が進み簡単に肌が元の状態に戻らなかったりしたときには、足りなくなった潤いを補う必要があります。

足りなくなったNMFや細胞間脂質を補う方法には、NMFの主な成分のアミノ酸や細胞間脂質の主な成分のセラミドなどを補う方法や、NMFや細胞間脂質の分泌力を高める働きをする成分を補充する方法があります。

自分の肌に足りない成分は何かや、足りない成分をどの方法で補うのかについて考えるのは、保湿剤を具体的に選択するときに非常に大切なことになります。

長い時間浴槽に浸かっていたり、肌が濡らしている状態が長く続くと、角質層のNMFや細胞間脂質が流れ出て乾燥肌になってしまいます。

充分な量のNMFや細胞間脂質を補う働きのある成分や、NMFや細胞間脂質を生成する力を高めてくれる成分が配合されていない化粧水を使ってパックを長く行っていると、角質層にあるNMFや細胞間脂質が流れ出して、かえって乾燥肌になってしまう可能性があります。

乾燥肌の改善に効果的な化粧品とは…?

皮膚は油分と水分がバランスよくまたされて、肌の表面に潤いをもたらします。

肌が乾燥すると、乾燥肌が悪くなるのみではなく、ターンオーバーも順調ではなくなります。結果的に、それらは肌の、シワやシミ、ニキビなどのトラブルにもつながることになります。

乾燥肌というのは、皮膚のバリア機能が健康的な状態ではなくなっています。

皮膚の内側に水分量が少なくなっていて、バリア機能が低下しているのです。

化粧品を使用して毎日スキンケアするのも、肌のコンディションを良くするためであり、バリア機能の強化のためでもあります。

乾燥肌を改善していくためには、保湿成分の高さが特徴の化粧品を使い、肌のお手入れをしていくことが大切です。

つまり、肌への保湿成分を含んだ化粧品で、コツコツとスキンケアをしていくことが大切となります。

乾燥肌だからといって、むやみに多くの化粧品に手を出すのではなく、必要な保湿がしっかりできるタイプを丁寧に使うことです。

乾燥肌の人が化粧品を選ぶ際のポイント

乾燥肌の人が化粧品を選ぶ際のポイントとしては、なるべく刺激になる成分が含まれていないものを選ぶようにすることです。

乾燥肌の人は、基本的に化粧品にはアルコールや香料、着色料が含まれていないものが安心です。

また、ハーブ成分やアロマ成分などは、肌に優しいイメージがありますが、種類によっては、成分が強いものがあり、アレルギー反応などが出る場合もあるため、注意が必要です。

オーガニック系の化粧品やナチュラルコスメであっても、含有されている成分によっては、乾燥肌に対して刺激になってしまい、かぶれてしまうことがあります。

乾燥肌の人が化粧品を変える場合には、サンプルをもらって目立たない部分で試してから購入すると失敗が少なくなります。

乾燥肌用や敏感肌用などのように専用の化粧品も販売されていますが、体質など個人差があるため、過信しすぎないように気をつけます。

一般的には、防腐剤や界面活性剤などが含まれていないものが無添加や敏感肌用として販売されていますが、無添加イコール刺激がないというわけではないため、リストに含まれていないもので刺激を感じることもあります。

基礎化粧品で美白やアンチエイジングなどの機能性が高いタイプは刺激が強い傾向があるため、機能がシンプルで保湿優先になっているものや自然由来になっているものを選ぶようにします。

症状がひどい場合には、刺激がほとんどないワセリンなどを使う方法もあります。

保湿では、化粧水の後には、その水分を保持させるために乳液などを使って軽くフタをします。

乾燥肌の人は、乾燥をおさえてくれる化粧下地が重要なポイントになります。

化粧下地を使わずにファンデーションを塗ってしまうとカサカサになってしまい白い粉が浮いてしまいます。

化粧下地にも保湿成分が含まれているものを使うようにします。

UV効果が高い化粧下地を使っていると乾燥してしまうことがあるため、注意が必要です。

乾燥肌になっても気にせずに同じ化粧品を使い続けていると敏感肌にまで悪化してしまうことがあります。

年齢や生活スタイルによっても肌質は変化していくため、その時の肌に合うものを使うようにすることが重要になります。

また、体調によっても肌のコンディションは変わるため、化粧水や美容液、乳液、クリームは、肌に合わせて使い分けます。

急に刺激を感じた場合には、化粧水、乳液、クリームだけとベーシックなものだけに切り替えてみることも一つの方法です。

乾燥肌の改善のための化粧水選びの重要なポイントは…?

乾燥肌に必要なのは、水分と油分のバランスの良いスキンケアです。

有効な化粧水の特徴としては、水溶性保湿保湿成分を含むことです。

高い保水力を特徴に持っているかどうかが、化粧水選びにも重要ポイントになってきます。

保湿効果を特徴とするものをチョイスします。

代表的なものとしては、ヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンや天然保湿因子などがあります。

皮膚に刺激となるものが含まれていないかどうかも、合わせてチェックしましょう。

化粧品の配合表示は、量が多い順番で記載されています。

特にヒアルロン酸配合の化粧水なども、おあすすめのひとつです。

ヒアルロン酸Naや、加水分解ヒアルロン酸とか、アセチルヒアルロン酸Naなどといった表示がされています。

特に保水力のレベルが高いのは、アセチルヒアルロン酸Naです。

乾燥肌を本気で改善していくためにも、良いサポートとなってくれます。

どれを選んだらいいのかわからない…という方のために

大事なことは、貴方のお顔の乾燥肌の悩みを改善するためには、毎日の適切な肌の手入れ…適切なスキンケアが大切だということです。

適切なスキンケアを行うためには、自分の肌に合った化粧品・化粧水を選ぶことが必要となります。

しかし、数多く販売されている化粧品の中で、どれを選ぶか…これはなかなか大変なことです。

そこで、どれを選んだらいいのかわからない…という方のために、乾燥肌の改善に効果があり、安全で安心して使えるおすすめの化粧品・化粧水を調べて、ランキングしてみました。

ランキング

乾燥肌スキンケア@化粧品・化粧水おすすめランキング・リスト

乾燥肌を予防するためには…

乾燥肌は置かれている環境や生活習慣によって悪化してしまうことがあります。

乾燥肌を予防するために避けるべき生活習慣として挙げられるのが睡眠不足になります。

睡眠不足が肌に良くないというのは良く知られていますが、現代に生きる女性は、毎日規則正しく一定の睡眠時間をとることができる方は少ないのが現実です。

午後十時から翌日の午前二時までは肌のゴールデンタイムといわれていますが、これはかつて成長ホルモンは午後十時から翌日の午前二時までの時間帯にたくさん分泌されるとされていたためです。

ですが、近頃の女性はなかなか午後十時に就寝する生活習慣を身に付けるのは困難です。

ところが、近頃の研究で、成長ホルモンはある特定の時間帯に分泌されるのではなく、眠ってから最初に迎えるノンレム睡眠と、レム睡眠の合わせて三時間の間にたくさん分泌されていることが判明しています。

そのため、肌を効果的に回復させて、乾燥肌を予防するために重要なのは、ベットに入る時間帯ではなく、眠ってから三時間をどれだけ深く眠るかということになります。

眠りに入ってからの三時間で深く眠って、たくさん成長ホルモンを出して乾燥肌を予防するためには、寝る二時間前に食べるのを控え血糖値が低い状態にしたり、身体をベッドに入る一時間ぐらい前に入浴などをして身体を温めておき、寝るタイミングで体温が下がっている状態にしたり、ベットに入る一時間前は脳に刺激を与える行為を避けたりすると、眠りにつく時間が遅くて、不規則であっても、成長ホルモンをだして、乾燥肌を予防することができます。

寝る一時間前に入浴をするのは、良い睡眠や肌に良いことですが、入浴方法を間違えると乾燥肌を引き起こす原因となってしまいます。

シャワーやお風呂のお湯が熱過ぎたり、長い時間浴槽に浸かっていると、セラミドなどといった細胞間脂質や天然保湿因子であるNMFを洗い流してしまいます。

シャワーやお風呂のお湯は、およそ三十八度から三十九度ぐらいに設定しておき、浴槽に浸かる時間は、およそ二十分ぐらいまでに抑える必要があります。

擦りすぎは一番大きな乾燥肌の原因になります。

腕や足など皮脂があまり分泌されない部分についてはボディソープを使うのは二日から三日に一度ぐらいにしておくのも良い方法の一つです。

皮脂があまり分泌されていない部分を毎日洗うときは、洗浄力が抑えられたアミノ酸が配合された界面活性剤を使用すると、肌にかかる刺激を抑えられます。

乾燥肌を保湿するための化粧水の使い方

肌が乾燥して化粧のりが悪くなってしまったり、つっぱる感じがする人やカサカサしたり、小じわが増えている気がする人は乾燥肌対策をした方が良いです。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、水分や油分を保持することができず、皮膚も薄くなりがちです。

刺激を受けやすい状態なので、放っておくとさらに乾燥が進んだり、シワやシミの原因になったりしてしまいますので、早めのお手入れが肝心です。

肌への水分補給がそのメインの役割である化粧水は、そのほとんどが水分でできており、肌に水分を与えることに特化した化粧品と考えると良いでしょう。


一方で、たっぷり付けているのに、肌への浸透が実感できないという人もいます。

また、ていねいにコットンパックしたり、重ね付けまでしているのに、肌に浸透する感じがしなかったり、しぼんだ肌にふっくら感が戻らない感じがする時には、付け方を見直すことが、浸透させることにつながる可能性があります。

汚れた肌や角質がたまった肌は、水分が浸透しにくいので、クレンジングと洗顔料を使って洗顔をしっかりとします。

ごしごしこすると、肌表面が荒れてしまい、乾燥肌が進んでしまうので、優しく洗うことがポイントです。

指の指紋でこすらないようにするイメージで、たっぷりのクレンジング剤や泡を使って洗いましょう。

洗顔後の肌を、乾いたタオルでこするのも、逆効果なので、タオルを肌にゆっくりと当てて、こすらずに水分を吸い取るようなイメージで、軽く水滴を拭きましょう。

化粧水を付けるときには、乾燥しやすい目元や口元から付けていきます。


次に頬にていねいにつけてから、おでこや鼻など比較的乾燥しにくい部分に進んで行きます。

コットンを使って、むらなく、ゆっくりと肌に水分を浸透させるイメージで押し込んでいくと効果的です。

乾燥肌に水分を一度にたくさん与えても浸透しにくいので、何回か重ねづけをして、少しずつ確実に水分を肌に押し込んでいくと良いでしょう。

保湿効果のある化粧水を使うと、しっとりした感じになりますが、時間がたつと乾いてきてしまうので、化粧水を使って保湿した後は、美容液や乳液、クリームなどを重ねて、水分を逃さないようにすることがポイントです。

乾燥肌のスキンケアでの注意点

乾燥肌のスキンケアをする際の注意点にまず、潤い作用のある洗顔料は使用しないことです。

洗顔料の中には保湿効果のあるものもあり、乾燥肌にも良さそうということでチョイスされることが少なくありません。

しかしながら潤い成分というのは油分であり、油によって肌を保護することで乾燥しにくくさせています。

一見すると魅力的な効果ですが、ただ油分によって肌を覆ってしまうと、その後のスキンケアの効果も落ちてしまうのです。

油によって美容成分の浸透も阻まれてしまい、いくら乾燥肌用のスキンケアを行っても効果が低くなりますから、洗顔で潤いを与えようとすることには注意した方が良いでしょう。


使用する基礎化粧品に関しての注意点もありますが、それはあまり多くの化粧品を使わないようにすることです。

乾燥肌対策のスキンケア方法としてよく行われているのがローションから始まりパックで終えるようなケア方法ですが、乾燥肌の場合に過剰にお手入れをするのも良くありません。

乾燥している状態であれこれ美容成分を詰めこもうとすると却って負担になってしまうことがあります。

また、色々なアイテムを使うとそれだけ肌に触れる回数も多くなります。

触れる度に摩擦が起こってダメージになってしまいますので、そういった意味でもお手入れのしすぎは良くないのです。

シンプルなケアを心がけた方が肌には良いこともありますから、調子が良くならないようならやり方を見直してみた方が良いでしょう。


油分を与えるスキンケア方法にならないように注意することも大切です。

乾燥予防の定番の方法と言えば油分を与えることであり、その為にもよく使用されているのが保湿クリームです。

そして保湿クリームを塗布することによって水分の蒸発を予防でき、乾燥対策としても良いとよく言われています。

要はクリームによって肌に蓋をするという意味合いで行われているのですが、しかしこの方法はあまり効果としては高くないのです。

いくら蓋をしても水分は逃げていきますので、「保湿をしたつもり」のケアになってしまいます。


肌にしっかりと潤いを与えるための方法としては細胞間脂質を補うことが大切です。

細胞間脂質は角質層に存在する潤いを保つための重要な組織であり、この部分に潤いがあってこそ乾燥予防をすることができます。

細胞間脂質の潤いが不足している状態でいくら保湿クリームを使用しても意味がなく、しかしながら長い間クリームで蓋をするという方法が良いと信じられていましたので、誤ったケアになっているケースも少なくないのです。

乾燥肌対策のためには細胞間脂質がひとつのキーワードになってきますから、この点に着目したスキンケアをしなければいけません。

■乾燥肌の化粧水@おすすめランキングについて…■

このサイトで紹介しているランキングは、サイト管理人である私たが、独自で調べた結果ですので、その辺りは、ご了承ください。


当サイトが、貴方の乾燥肌のための化粧水選びの参考になれば、これ以上の悦びはありません。


ランキング


.

■ サイト・コンテンツ ■

  • TOP…ランキング一覧
    • 乾燥肌スキンケア@化粧品・化粧水おすすめランキング…ナビ
  • 乾燥肌のための化粧品の特徴について…
    • 乾燥肌の方はアルコールや着色料、香料などが含まれていない製品を使ったほうが基本的におすすめで、また、無添加や敏感肌用と謳っている製品を信用し過ぎないことが重要です。
  • 乾燥肌の改善スキンケア体験談(1)
    • 乾燥肌は、化粧品でのスキンケアを徹底することで、改善できるということを実感しました!
  • 乾燥肌の改善スキンケア体験談(2)
    • 乾燥肌の改善には角質層がしっかりと潤うことが大切だとわかり、比較的リーズナブルなセラミド配合化粧水を惜しみなく使い、1週間ほどするとこれまでにないしっとり感を感じるようになりました。
  • 乾燥肌タイプの化粧水の特徴は…?!
    • 乾燥肌のタイプのヒトが化粧水を選ぶポイントは、保湿目的の効果が高く、水溶性である保湿成分を角質層に届けられるかどうかという視点が大切です。

ページの先頭へ